代表挨拶

当社は、私の父が昭和50年(1975年)に(有)菊地商事として創業しました。まもなく50周年を迎える機械専門商社です。ここまで続けてこられたのは、ひとえに当社とお取り引きをしていただいたお客様、そして私たちをサポートしてくれたメーカーや商社、工事業者などのお取り引き先のおかげでございます。この場を借りて御礼申し上げます。

当社の事業は、主に専業の自動車修理工場や自動車ディーラーのお客様に設備や工具を販売することでしたが、ここ20年ほどは塗料、特に水性塗料を販売させていただくことで成長させていただいてきました。

また、お客様からのご要望にお応えする形で、コンプライアンスへの対応や工場生産性の向上を目的としたコンサルティングサービス、技術者育成のための研修サービスも事業の柱として拡大させていただきました。

これらの事業を始めた理由の一つに、父が創業時から示してきた経営方針があります。それは 「私たちが成長するためには、お客様の事業が成長しなければならない」ということ、「導入していただいた商品を徹底的に使いこなしてもらう」という2つのことでした。これは、創業者が元々技術者であったことから、現場で働いていた時の気持ちを忘れないでいるからこそ持っていた考え方だと思います。

20191209_ケンテックス_0065
当社技術研修所の塗装ブース内にて

私たち社員一同はこの創業時の方針を守り、現場で働くお客様とともに一緒に汗を流す「サポーター」となり得るよう、鋭意邁進して参ります。当社ならびに当社社員を引き続きご愛顧いただけますよう、よろしくお願い申し上げます。

株式会社ケンテックス 代表取締役 菊地宏忠

 

 

企業情報

  • 株式会社ケンテックス
  • 神奈川県横浜市都筑区折本町354番地
  • 代表 045(474)0805
  • FAX 045(474)0824
  • メール office@k-kentex.co.jp(@は迷惑メール対策で全角文字になっております)

 

20191209_ケンテックス_0087

スタッフ

  • 代表取締役 菊地 宏忠
  • 取締役会長 菊地 健三
  • 取締役部長 大場 啓次
  • 営業部部長 篠原 健一

 

ケンテックスって?

  • 株式会社ケンテックスは、自動車鈑金塗装工場に技術と経営の両方のソリューションを提供する事ができる会社です。
  • 当社は自動車整備機器、車体整備機器の販売ならびに、あらゆる工場経営指導と人材教育を行っております。
  • 私達の活動拠点はBPテクニカルセンター・ヨコハマです。ここに自動車鈑金塗装工場で使っている工具や塗料、塗装ブースやフレーム修正機まで揃え、様々な研修を行えるようにしています。
  • 当社で取り扱う商品は、確かな技術をもつテクニカルスタッフによる実証実験を経た確実なものです。当社のUVソリューションや水性塗料を始め、様々な最先端のツールを扱っています。

 

取扱商品について

  • 自動車補修用塗料:BASF社製 RMオニキス、ダイアモント、ノルビン
  • 溶接機:ヤシマ、ミガトロニック、パナソニック、
  • 塗装ブース、設備:栗田工業製ブース、アンデックス製ブース
  • 塗装機器類(スプレーガン):アネスト岩田、デビルビス、明治機械製作所
  • 副資材、材料:BASFロデム、コバックス、3M、三共理化学、日本シーカ、TKJ、イスコ、
  • エアーツール:KXツール(当社オリジナル)、埼玉精機、コンパクトツール、SPツール、信濃機販、空研
  • コンプレッサー:明治機械製作所、アネスト岩田
  • 特殊機器:マイクロデザイン社製ジオクリーナ(シンナー分解除去装置)
  • UV補修剤:紫外線照射機、パネルテンショナー(BSサミット様専売品)、パネルストロング、オプティシーラー
  • 機械工具全般:TONE、KTC、KOTO、スター
  • 整備機器類全般:サンコー、安全自動車、イヤサカ、ビシャモン
  • その他

 

創業からの経緯

engage

 

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中